植木・施肥について::植木剪定・庭木のことなら植木屋・平野造園(横浜市・藤沢市・鎌倉市他)

植木剪定・庭木のことなら植木屋・平野造園(横浜市・藤沢市・鎌倉市他)

主な営業エリア


神奈川県

横浜市・藤沢市・鎌倉市・

茅ヶ崎市・綾瀬市・

他地域も対応致します。

詳しくはこちらから

植木屋・剪定・植木・庭木・植木職人・横浜市・藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・綾瀬市・大和市・寒川町・平塚市・逗子市・中郡・海老名市他・庭師・剪定・伐採・移植・施肥・消毒

植物は動物のように毎日食事をしても育っている。こう考えられがちですが、自然の中では、枯葉や鳥の糞、昆虫の死骸などの有機物が豊富にあります。これらの有機物が時間をかけて腐り、土の健康状態を良好に保っているわけです。
きちんとした生態系ができている自然の中と違い、都会の庭では生態系がくずれているので、人が土の健康と栄養を与えてあげなければ、植物は元気に暮らすことができません。

しかし、肥料を与えたからといって土壌が改良されるわけではないので、いい土があってこそ、これらの栄養が正常に吸収されるのです。基本的にいい土づくりをしていれば肥料は補助的に使用するものです。

よく園芸店で売られている肥料にNPK 10-20-10のように書かれていますね。これは3大栄養素とその%を表しています。
この例でいくと窒素-リン酸-カリが10%-20%-10%含まれることを意味します。植木・施肥


3大栄養素

窒素         
茎、葉の生長促進
リン酸        
丈夫な根と美しい花色を作る。花、実付をよくし、果物や野菜のビタミン増加を促す。耐病性、耐寒性
カリウム       
植物の生長に欠かせません。耐乾燥。窒素の吸収を助け、余分な窒素やカルシウムの働きの調整。耐病性、耐寒性

これは植物が大量に必要とする栄養素であり、マグネシウム、カルシウム、亜鉛などの微量要素も必要です。
弊社では健康な土と元気な樹木の為に、主に下記の施肥を行います。
植木・施肥植木・施肥


配合肥料    
油かす、骨粉などの有機質肥料と数種の無機質肥料がバランスよく配合されています。
コロボクル    
有機土壌活力肥料。微生物の働きを活性化させます。
グリーンフード  
有益微生物により土壌本来の力を引き出し、病原菌の増殖を抑えます。また土壌中の未分解物質を分解し土壌環境を良好に保ちます。
グリーンパイル 
棒状の肥料。土に打ち込む肥料なので深層までいきわたります。窒素、リン酸、カリウムをバランスよく含みます。

植木屋メニューへ



植木剪定・庭木のことなら横浜市・藤沢市・鎌倉市他対応の植木屋・平野造園HOMEへ

提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所.